オーキッドイングリッシュ

子供から大人まで、幅広い生徒さんがレッスンに来ています。 1レッスンがネイティブと日本人講師のダブルティーチングのシステムです。メキメキと会話力がついてきます!

 遅いんです。

事務処理&営業が。

嫌な事言われたらど〜しよ〜、とか、もっと良い案が浮かんでから電話した方が良いかな。。

等、考えているうちに、もう100%仕事した気になるんです(笑)

やっぱ、あたしは、教えるのが向いている。し、これしか上手に出来ないね。

だから、この時期、100%やり切った勘違いで皆さんに迷惑掛けています。

年間スケジュールを示したカレンダーなんて、まだ先の仕事だ!って思っていたら、

大人の生徒さんのサダちゃん(皆愛称で呼び合っているクラスなんですよ)

が、まだカレンダー出来てないの?ケイコさんはいい加減だな〜。って言われちまいました。

サダちゃん、あたし、サダちゃんのクラス担当していませんが、、以外と忙しいんですよ。

で、いい加減な人間では決してないので、ここで宣言させてもらいます(笑)

(笑)なんて書いていますが、いい加減、なんて言われて、ショックですよ〜。

普段はね、大変でしょ。って言われる事が多いのでね。

サダちゃん、きっと、あたし、超暇人だと思ってるな。。

まあしょうがないね。コリンが彼らをお出迎えして、授業して、授業が終わった頃、フラっと現れるあたし。

あっ、今度コリンの代わりに授業に入って、忙しさをアピールするよ(・ε・)/





スポンサーサイト
 2日前のテレビで観て、インド、何でしょ?

酷いよ!女性に対する仕打ちが。

じぇ〜たい、インドに行かない!し。

中学生の授業ではね、タージマハールが何故出来たか読み解くんです。
で、このタージマハールの回りの環境も素晴らしいんですわ。

高校生の授業ではね、この身勝手な王が、愛する?妻の為に建てたタージマハールのその後を。
酷いよ。この男、タージマハールがとても美しく建設され、これ以上素晴らしい建造物が出来ないようにする為、この建設に関わった人の手を切ってしまうのですよ。

その時代と変わらぬ風習がインドでは。

カレーは、この先も食べるけど(但し、バーモントに限る)
行きたくない国、ナンバーワン!って言ったら、まつがえですよ!
ワーストワン!

じぇ〜たい、行かないし、インドカレーも食わんわ。

注)バーモントカレーは食べるよ!


 マッサージに行ってきました。

何かと忙しいこの時期、とても疲れが溜まっていて、身体がガチガチです。
ジムで知り合った方が、南あいの里でロミロミマッサージをされていると聞いて、早速ロミロミしてもらいに行きました。
すご〜く気持ちよくて、ず〜っとうつら、うつら。
あっ、眠ったら勿体ないぞ!と時折自分にカツを入れながら(笑)

南あいの里、今回初めて訪れましたが、、、風が強い!
斜めにならないと歩けないんだよ〜!

ロミロミされている間、バックミュージックはハワイアンなんだけど、風の音は極寒の地。
雪も元祖あいの里に比べて多いような。。

元祖あいの里の方が、ちょっとだけ住みやすいかもね。

 で、今日は来年度に向けてのクラス編制。
意外とすんなり行けそうで、ホッとしています。

4年前までは、火水木の三日間しか開けていなかったので、このクラス編制に四苦八苦していましが、1日多く開けると、最大8クラス増やす事ができるので、今のオーキッドには4日間がちょうど良いのかも。

毎年、親御さんの懇談、チラシの作成、体験レッスン、来年度のクラス編制、そして一番大事な教える事。
じぇ〜んぶだよ(笑)

や〜、誰も褒めてくれません。
でもね、この時期、頭も沢山使わなくてはならないので、びょ〜きになりそうです。

そんな時のね、発散方法はね、家の中を掃除して(もっとやる事あるのにね〜)
やれやれと、昼からビール飲むんだよ!

んで、良い考えが浮かぶの待つのですよ。

今日は掃除、クラス編制、グビグビ、スーピー(昼寝の音)で、今目覚めました。

 昨日は一回目の体験レッスンでした。

沢山の方に来てもらえて、興奮(笑)しました。

前の体験と、次の体験の生徒さんと親御さんが重なって、一瞬30名程の人が。

床が抜けるかと心配しました。

親御さんがね〜、年々若くなるんです〜。。

体験レッスンでは、1から11まで位を練習して、年の言い方を覚えます。

だからその日は、あたしは11歳。
I am 11 !って言うと、生徒さん達は I am 9 ! など、自分の年を言うわけですよ。
こんな事してると、イレブンが11だよって認識されるのか、ちょっと心配(笑)

オーキッド生の実際のクラスでは、ケイコ先生は永遠の二十歳です!って宣言しているので、
「How old am I ?」って聞いたら「You are 20 years old !」ってなんの疑いも無く(笑)答えてくれます。

皆さ〜ん、これは規則ですからね〜!