オーキッドイングリッシュ

子供から大人まで、幅広い生徒さんがレッスンに来ています。 1レッスンがネイティブと日本人講師のダブルティーチングのシステムです。メキメキと会話力がついてきます!

三単現在(さんたんげん)とパソコンで打っても出て来ない漢字です。
英語を学習する時、この言葉、しかも日本語の壁に最初に嫌気をさす生徒さんも少なくないはず。
三単現、三人称単数現在の略です。。。
なっ、何だそれ~!
英語が苦手になる第一歩はまさしく三単現。
まず三人称、私= I (一人称)、あなた=you (二人称)、彼、彼女、私のお母さん、おばあちゃんの猫、友達の家、、、、、等々。
私とあなた以外の人、もしくは物(三人称)。
単数は字の通り。
なのでおばあちゃんの猫は良いけど、おばあちゃんの猫達は駄目です。
友達が家を二件所有していても三単現にはあてはまりません(笑)
現在は過去でも未来でも今実際に行動している進行形でもない、現在の事(普段の事)。
その、とても面倒な三単現が主語になると,動作のある言葉(動詞)座る、食べる、寝る、遊ぶ、、、、等等は形を変えるのです。
I live in Sapporo.
You live in Sapporo.
(二人以上)live in Sapporo.
でも!
He lives in Sapporo.なのですね。
日本語に置き換えると、
私は札幌に住んでいます。
なのだけど、
彼は札幌に住んでいますすー。てな具合に。
うーん、難しっ!
Keiko先生の結論としては、日本語の解説より、
I live in Sapporo.
You live in Sapporo.
BUT
He lives in Sapporo.
で、こんなもんだー、の方が簡単!!
あら、でも、解説を読んでいただき、、、ありがとうございました。(^▽^;)

スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://okidoki1216.blog39.fc2.com/tb.php/39-68b60082
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック